旋光の輪舞2(センコロ2)のwikiです。

概要


蛇のようなシルエットのクレマチスは、2種類のフォーメーションと高速体当たりが特徴的だ。
Aフォーメーションは頭を振って弾をばら撒く。
Bフォーメーションは尻尾から3WAY状の弾を連射する。
出現時は画面右に現れ、フォーメーションはカートリッジで異なる。
本体は自由に移動できず、レバーで頭もしくは尻尾の角度を操作する。
尻尾が弱点。また全身を構成する丸いユニットに被破壊判定がある。
  • フォーメーション
    • α:左がB。右がA。
    • β:左がA。右がB。

オルビット(A)

(gifアニメ)
射撃を止め、画面内を8の字状にのたうち回った後、画面逆サイドに移動(右→左、もしくは左→右)してフォーメーションが切り替わる。
移動後はしばらく射撃も再突撃もできない隙ができるので注意。

画面中央が安置となる。過度に密着された時に移動攻撃を使うのも手。

弾幕/ショートレーザー(M)

頭、または尻尾から直線的なショットを撃つ。
レバー操作で発射方向を変えることができる。
  • α
    • Aフォーメーション:頭から3Wayの丸弾。
    • Bフォーメーション:尻尾から5WAY(中央3Wayが密集)の針弾。
  • β
    • Aフォーメーション:頭から3Wayの丸弾。押しっぱなしで垂れ流しにできる。
    • Bフォーメーション:尻尾から3WAYの針弾。

Aは単発威力は高いがまとめて当てることが難しい。
Bは手数で押せるものの、弱点である尻尾が剥き出しになってしまうため相手のxWAY弾幕やホーミングに負けやすい。

ラフォーレ(S)

全身の丸いユニット部分から、ばら撒き弾を出す。
ボタン押しっぱなしで垂れ流しにできる。
威力はそれほどでもないが、相手の周囲狙いとそうでないものが入り交じっているので避けにくい。
フォーメーションの違いは特にない。

ビーム攻撃(C)

頭の先端から極太のビームを2秒程度放つ。
ビーム発射後の隙は一呼吸程度。すぐにビームを発射できる。
かすらせただけでは本当にカスダメージしか入らないので、使うならきっちりと当てきり、相手を確実に仕留めたい。
  • Aフォーメーション:発射中に自由に動かせる
  • Bフォーメーション:完全に自動。一定位置で折り返す。

クイーンズ・スクリーム(A+M+S / ファイナル専用)

一旦画面外に消えた後、丸ユニットから画面上下方向に連射しつつ、高速で画面を3回横断する。
弱点を狙われにくく、安全に相手を攻撃できる。
横断時は相手方向をやや狙って轢きに行くが、突進は実に直線的で、位置調節も出来ない。
この技は発生保証がついており、攻撃中はボスの時間が終わらない。時間ギリギリに使うのもあり。

立ち回り

尻尾を守ることが最優先課題。
まずSを押しっぱなしにして弾を撒きながら首を振り、Cビームを当てる。
A、AMSの出し所は、相手の実力と要相談。少なくとも相手が安置から遠い時に出すことを心がける。
相手が画面下部、かつボスの近くに来ている場合はAMSは使わないこと。
対ボスの項にもある通り、容易に完封されてしまう。

対ボス

素早い体当たりと突然のビームが厄介なクレマチスだが、弱点の尻尾を守る具体的な術を持っていない。
また、体当たりも射撃も即座に致命傷になるようなものではない。
Sのばらまきが厄介であるため、ある程度丸いユニットを破壊しておくとよい。
基本的にビームが本命であるため、首がこっちに向いたら逃げること。
F攻撃は自機狙いであるため、誘導が上手くいくと完封できる。
(gifアニメ)

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

データ

どなたでも編集できます